急斜面に悪戦苦闘~ボルダリング実践記~

      2016/04/11

前回のお話

 

今日も今日とてボルダリング。

前回クリアできなかった5級のスラブをひたすらやって、

何とかクリアできました!

 

といっても課題はた~くさんあります。

私がクリアできた課題は5級でも比較的難度の低いものです。

 

また、壁の種類が「スラブ」と呼ばれる

あまり腕の力を使わない壁であったことも

クリアできた要因です。

といってもスラブが簡単な壁というわけでなく、

とんでもなく難しい課題もいっぱいあります。

人によって得意な壁がありますので、

私見ですがまとめてみました。

 

●90度:垂壁

そのまま垂直な壁ですね。

私の行くジムでは最初範囲が少なめでしたが

最近大幅に広がりました。

オーソドックスで登りやすく、

初めての人にオススメです。

 

●ルーフ

天井が壁になっているものです。

登るというより天井を逆さまに移動するような感じ。

初めての人は登れる気がしないかも。

握力、腕力はもちろん、腕運び、足さばき、

全てを要求されます。

 

●スラブ

奥に傾斜している壁。

一見楽そうに見えますが、足を上手く使わないと

登れない課題が集中しています。

足さばきを練習するのに最適。

体幹の使い方も鍛えられます。

強傾斜で疲れたときの箸休めにも(;´∀`)

体の柔らかい人、足を使うスポーツをしている人は

得意な印象を受けます。

 

●傾斜壁(オーバーハング)

傾斜のついた壁。

私のジムでは110度と130度があります。

ある程度腕の力、保持力がある人は

最初でもいきなりクリアできたりしますが

難度が上がるにつれ、足を上手く使わないと

クリアできなくなってきます。

今回の強敵はコイツ。

 

 

130度の6級にチャレンジしてみましたが、

これがまたキツイ!

3手目ぐらいで落ちてしまいます。

というかホールドを持ってられません・・・

店長さん曰く、基本はやはり足を上手く使うこと。

非力な人でも足の置き場所で楽に登れるそうです。

 

奥が深いな~と感心しましたが、

足捌きを練習しようと思っても

もう1手目すら取れなくなってしまうほどに

力を使い切ってしまったので本日は断念・・・

 

 

帰ってyoutubeでムーブを勉強するのでした。

 

 

 - ボルダリング実践記