5級の壁が遠い~ボルダリング実践記~

   

前回のお話

 

またまた来ました

3回目のボルダリング!

前回で成長が見て取れた私は

やる気満々で臨みます。

6級の課題を何個かクリアし、

そろそろ5級に挑戦しちゃおうかしら♪

などと調子に乗っておりました・・・

 

「スラブ」と呼ばれる壁があります。

向かって奥の方に壁が倒れており、

比較的初心者でも力を

あまり使わずに登れるといわれています。

 

ということでいざ5級にチャレンジ!

手は決まったところを

使わないといけませんが

今回の5級は足は自由に

置いて良いとの事。

足自由なんてサービスもいいとこですよ♪

こんなもん一発でクリアですわ(笑)

 

 

 

 

スタートポジションに立てない

 

 

 

 

スタートのホールドがまず持ちづらく

その下の足場も悪いため、

ひょいと乗ってはマットに降り、

またひょいと乗ってはすぐ降りて・・・

 

 

恥ずかしくなって一旦離れ、

どんな持ち方、足の置き場を

すれば立てるのか考えます。

数分後再チャレンジ!

 

 

 

 

立てねえよ

 

 

 

以後餅つきのように上記を

何度も繰り返し、

30分後に何とか立つことができました!

 

んがしかし、

そこからのゴールもまた遠い

今になってわかりますが

足自由というのは

自分で足をどこにつくのか

考えなければいけないということ

特にスラブでは足捌きがうまくないと

クリアできない課題がいっぱいあるんですよね~

結局その日はクリアできず。

悔しさを噛み締め帰宅するのでした。

 

ちなみに友人はその時普通にクリアしてました。

友人はスポーツを長いことやってただけあり

基礎ができてるので上達も早い!

 

友人の背中を追うことになりましたが、

目標ができて次のモチベーションにも

つながってゆくのでした。

 - ボルダリング実践記